タカノスマガジン 自然素材と外張り断熱の快適一戸建て注文住宅、タカノス建工 富山

タカノスマガジン

富山県伝統の「ワクノウチ」を現代に生かす

2017年4月18日

スタッフいち押し

_52J8886.jpg

リビングの吹き抜けには、
約100年の歳月が宿る


目を見張るほどの風格と存在感を放ちながらも、空間に懐かしさや温かい雰囲気を
創出する「枠の内(ワクノウチ)」。

「枠の内」とは、富山の大雪に耐えるため、太い大黒柱と梁などを金物を使用せずに
組み上げられた伝統的な工法のこと。現代では同じ材料での再現が困難なことから、
稀少なものとされている。

     _52J8872.jpg

     高山邸0050.JPG


全国的に見ても家の面積が大きい富山県の古民家では「広間」を中心に各部屋が
作られている間取になっており、この「広間」は4本以上の柱と平物(指鴨居)・貫・
大引・梁によって井楼型に構造体を組上げていく工法が用いられています。

     u_house015_R.JPG

「枠の内」とは、こうした構造の造りのことをいい、高い吹抜けで、部材もその家で
最も高級なものが使われています。
井桁状に組むことで、水平方向の剛性が強いのも特徴です。

     宮田邸 017.JPG

     扇原邸015.jpg


伝統工法の家には、富山県の気候風土にあった知恵がたくさん詰まっており、
それを伝承していくことは、富山県の伝統・歴史の伝承に繋がります。
また、長い年月を過ごしてきた木材の深い味わいと木の持つ暖かみは、私たち
日本人に癒しを与えてくれます。

高山邸0017.JPG

長年家族とともに時を刻んできた「枠の内」。
次の新居でもまた一緒になることを家族も木も望んでいます。
「枠の内」の再生。
新居に「枠の内」をぜひ活用されませんか?


▼新築施工例>古民家
http://www.takanosukk.com/gallery/gallery-old/


おすすめ記事

富山のママたちのママ楽動線を考えてみた【前編】

2017年4月24日

スタッフいち押し

富山のママたちのママ楽動線を考えてみた【前編】

富山の女性というと、どういったイメージをお持ちですか?「真面目で堅実」...

富山県伝統の「ワクノウチ」を現代に生かす

2017年4月18日

スタッフいち押し

富山県伝統の「ワクノウチ」を現代に生かす

リビングの吹き抜けには、 約100年の歳月が宿る 目を見張るほどの風格...

リノベーションでつくる、世界で一つの家。

2017年4月 9日

リフォーム

リノベーションでつくる、世界で一つの家。

家族のこだわりをカタチにする楽しさを実感。愛する子供たちのためにマイホ...

あなたのLINEへ
最新情報をお届けします

LINE QRコード

LINE@ 友達追加

ID:@pbp3754b
アカウント名:鷹栖建工

トップへ戻る