家族のために「新築」を決めた理由は、家族の身体にやさしい家:新築施工例 | 自然素材と外張り断熱の快適一戸建て注文住宅、タカノス建工 富山

家族のために「新築」を決めた理由は、家族の身体にやさしい家

新築施工例実際に建てられたお客様の家をご紹介

高岡市O邸家族のために「新築」を決めた理由は、家族の身体にやさしい家

タカノスからのメッセージ

尾山邸.jpg

出張も多く、家を建てることを正直迷っていたO様が家づくりを決めた理由

一戸建てを建てて暮らすのがいいだろうか、

それともアパートやマンションで暮らすのがいいだろうか。

そんな思いを持ちながら、鷹栖建工の見学会を訪ねてくださったO様。

ホームメーカーや工務店の話を聞きながら、自分たち家族が今後をどのように過ごすかを考えていた中で鷹栖建工と出会ったそうです。

尾山邸 (7).jpg

タカノスの家を見て、床や柱、見えない構造材の部分まで無垢を使い、体に配慮していることや、

すべての部屋が全館空調システムで快適になることから、

小さなお子さんも含め、家族がのびのびと過ごせるだろうと一戸建てを建てることを決意し、

そのうえでタカノスを選んでくださいました。

尾山邸 (3).jpg

必要なものを必要なだけ、使い勝手を考えた動線と収納でアクセスよく

暮らし勝手を優先し、扱いやすい間取りにするため、キッチン回りは回遊動線。

全館空調システムで廊下がなく、すべて部屋として使えるため、次の家事にすっと取り組める間取りに。

尾山邸 (4).jpg

カップボードの隣の収納はパントリーです。

普段はそのまま開けて置き、来客の際はロールカーテンで目隠しをしておきます。

開け閉めがわずらわしくなく収納力もあるので、リビングまわりの物も一緒に片付けておけます。

そのため、リビングには収納をあえて作っておりません。

まとめて収納することで空間が広く使えますし、一か所にまとめてあることで探し物もしやすいですね。

尾山邸 (5).jpg

来客にも、日常づかいにも。フラットな畳コーナーはリビングに広がりを持たせる

リビングの隣は畳コーナー。

以前のお住まいで慣れ親しんだ畳のスペースを、新しい住まいにも取り入れたいということで、

フラットにしてリビングと繋げることでリビング空間に広がりを出しています。

お家はコンパクトながらも、17畳のLDKに、3畳の畳コーナーでのびのびお過ごしいただけます。

まだお子さんも小さいので、床におもちゃを広げて遊べます。

尾山邸 (6).jpg


子供が大きくなったら、カウンターで成長を見守りたい

大きくなったら、カウンターで勉強や遊びを見守りたいと語るお二人。

キッチンの向かいにカウンターを付けて、作業をしながらでも顔を見合わせて向かい合えるようにしました。

ダイニングテーブルとわけることで、気持ちに区切りをつけられるのもいいですね。

コンパクトながらも家族がのびのびと過ごせる、そんなお住まいに仕上がりました。


関連性のある施工例

0120-39-2612受付時間:10:00~17:00

トップへ戻る